児童発達支援センターやまぶき園、放課後等デイサービス太陽 、青森おおぞら学園を運営するやまぶき福祉会HPです

児童発達支援センターやまぶき園

所在地 〒030-0133 青森市雲谷字山吹92-285
電話 017-738-5564
FAX 017-738-6411
管理者 工藤孝彦
事業種別 児童発達支援・放課後等デイサービス・相談支援事業
利用・契約方法

利用対象児

知的障害、広汎性発達障害、特異的発達障害、注意欠陥/多動性障害、言語障害、聴覚障害などにより、専門的な療育を必要とする就学前の幼児

定員:1日30人まで利用可

支援開始までの流れ

支援開始までの流れ

契約について

やまぶき園 デイやまぶき 太陽 受給者証の申請には、医師の診断書などの療育が必要であることを証明する書類、及び障害児相談支援事業所が作成する障害児支援利用計画が必要となります。
障害児相談支援はやまぶき園でも実施していますのでご相談下さい。

利用料

1回の利用者負担額は決まっていますが、収入や所得に応じて、世帯によっては1か月間の負担に上限が設けられています。

ページトップへ戻る

集団指導

集団指導は2グループに分かれています

コアラ組(親子通園グループ)

ひよこ組(単独通園グループ)

こども一人ひとりが自立し、集団で生活できる基本的な力を身につけることをねらいとしています。目標につなげていくために、指導目標を4領域(身辺自立・運動・社会性・表現)に分け、領域のねらいを中心に活動します。

保護者が抱えている問題や悩みを相談できます。

個別面談等を実施し、指導の目標と、それにともなったこどもの目標を保護者に伝え、共に考えています。

親子通園グループのこどもであっても、単独通園グループを利用することができます。また、単独グループのこどもも親子グループへの参加もできます。

★無料で通園バスもご利用出来ます。
帰りのバスは利用者の利用の仕方に合わせ14:45出発のバスと、17:00出発のどちらも利用できます。

★無料で通園バスもご利用出来ます。

日課表

8:00 登園開始
健康チェック〜自由活動
10:00 通園バス到着(西、東)
朝の会
課外活動
11:20 食育指導〜歯みがき
12:40 保護者昼食(コアラ組)
園児は指導員と自由遊び
13:20 課題活動
14:20 おやつ
帰りの会
14:45 通園バス出発(西、東)
自由活動
17:00 通園バス出発(西、東)
18:00 降園終了

個別指導

1対1のきめ細やかな関わりの中で、そのこどもに合った、言語・認知・社会性・運動などを含めた全体的な発達を促す指導をしています。日程については、固定の曜日に1回につき約40分、週1回となっています。

諸事情により登園できない場合は、移動が可能なこともありますので、担当指導員に相談してください。

個別指導

時間割

個別1 9:20〜10:00
個別2 10:00〜10:40
個別3 10:40〜11:20
個別4 12:40〜13:20
個別5 13:20〜14:00
個別6 14:00〜14:40
個別7 14:40〜15:20
個別8 15:20〜16:00
(デイサービス利用児)

支援計画書

利用者に対して、計画的でかつ効果的な支援を提供するために、ご家族と綿密な打ち合わせを行い個別支援計画を作成し実施していきます。

家族支援

  • こどもとの関わり方
  • 療育に関する悩み事等への助言
  • 社会資源等の情報提供
  • こどもの発達状況の確認
  • 保護者同士の交流
  • 家族面談 etc.

※毎週月曜日の午後は、保護者活動の時間になります。不定期で職員も参加させていただき、保護者との話し合いの場を設けています。

ページトップへ戻る

お子さんの発達が気になる保護者の方からの相談を受けています。電話で相談日を打ち合わせの上、お子さんと一緒に来園していただけると、指導員が行動面の観察や発達チェックをし、今後の対応について具体的に話し合うことができます。

  • 名前を呼んでも振り向かない
  • ことばが遅い気がする
  • 他のこどもと一緒に遊べない
  • 視線が合わない
  • 大きな音がしても振り向かない
  • 発音が気になる
  • こだわりが強い
  • 発達面での遅れ etc.

ページトップへ戻る

心身に障害を持つ、又は発達面に不安のあるお子さんとその保護者に対して集団活動の場を提供し、家庭で出来る遊びの方法や、お子さんとのかかわり方について援助することを目的としています。

実施会場:青森市総合福祉センター2F集団訓練室
実施日時:毎月第3土曜日を予定

※内容についてのお問い合わせは、お電話にてお願いいたします。

あそびのひろばパンフレット

ページトップへ戻る

相談・苦情等申立先及び虐待防止に関する相談窓口

(1)相談・苦情等申立先 受付窓口

苦情受付担当者
鳥山秋津(児童発達支援管理責任者)
TEL:017-738-5564
FAX:017-738-6411
第三者委員
白川 昌雄(元 青森市社会福祉協議会 常務理事)
TEL:017-782-2559
青森県運営適正化委員会 住 所:青森市中央3-20-30 県民福祉プラザ2F
TEL:017-731-3039

(2)虐待防止に関する相談窓口

受付担当者 
鳥山秋津(児童発達支援管理責任者)
TEL:017-738-5564
FAX:017-738-6411


協力医療機関

医療機関の名称 高屋医院
医院長名 高屋 善章
所在地 青森市長島3-5-8
電話番号 017-776-2881
診療科 内科・小児科・胃腸科


非常災害時の対策

非常時の対応については、別途定めます。

MAP

ページトップへ戻る

放課後等児童デイサービスやまぶき

利用・契約方法

利用対象児

発達面で支援が必要な小学1〜3年生まで、障害者自立支援法の受給者証が交付対象となる児童

定員:1日10人まで利用可

利用方法

月曜日から金曜日までの授業終了後に、個別指導(原則小1〜3年)を支援しています。土曜日と長期休暇等は8:00〜18:00まで、支援を実施しています。

支援開始までの流れ

支援開始までの流れ

契約について

受給者証の申請には、医師の診断書などの療育が必要であることを証明する書類、及び障害児相談支援事業所が作成する障害児支援利用計画が必要となります。
障害児相談支援はやまぶき園でも実施していますのでご相談下さい。

利用料

1回の利用者負担額は決まっていますが、収入や所得に応じて、世帯によっては1か月間の負担に上限が設けられています。

ページトップへ戻る

個別指導

  • 個別指導を受けることができるのは、原則3年生までになります。
  • 行動観察や保護者からの情報を得て各種検査を行い、一人一人に合わせたプログラムを作り、保護者に説明及び相談を行い、1対1のきめ細やかな関わりの中でこどもに合った、言語・認知・社会性・運動などを含めた全体的な発達を促す指導をしています。
  • 日程については、担当指導員との打ち合わせになり、固定の曜日に週1回実施します。その他学校の休みに応じて、固定の日以外にも実施することが出来ます。
  • 諸事情により登園できない場合は、移動が可能なこともありますので、担当指導員に相談してください。

支援計画書

利用者に対して、計画的でかつ効果的な支援を提供するために、家族と綿密な打ち合わせを行い個別支援計画を作成し実施していきます。

ページトップへ戻る

平日 土曜日、長期休暇時
【平日】
個別指導時間割







個別7 14:40〜15:20
個別8 15:20〜16:00
【土】
個別指導時間割

個別1 9:20〜10:00
個別2 10:00〜10:40
個別3 10:40〜11:20
個別4 12:40〜13:20
個別5 13:20〜14:00
個別6 14:00〜14:40
個別7 14:40〜15:20
個別8 15:20〜16:00

ページトップへ戻る

相談・苦情等申立先及び虐待防止に関する相談窓口

(1)相談・苦情等申立先 受付窓口

苦情受付担当者
鳥山 秋津(児童発達支援管理責任者)
TEL:017-738-5564
FAX:017-738-6411
第三者委員
白川 昌雄(元 青森市社会福祉協議会 常務理事)
TEL:017-782-2559
青森県運営適正化委員会 住 所:青森市中央3-20-30 県民福祉プラザ2F
TEL:017-731-3039

(2)虐待防止に関する相談窓口

受付担当者
鳥山 秋津(児童発達支援管理責任者)
TEL:017-738-5564
FAX:017-738-6411


協力医療機関

医療機関の名称 高屋医院
医院長名 高屋 善章
所在地 青森市長島3-5-8
電話番号 017-776-2881
診療科 内科・小児科・胃腸科

相談支援事業所

1.事業所の概要

事業の種類 指定特定相談支援事業・指定障害児相談支援事業
事業の目的 指定特定相談支援事業及び指定障害児相談支援事業は、指定障害福祉サービスを利用する障害者及び障害児又は利用者の家族に対し、適正な相談支援を提供することを目的とします。
施設の運営方針 指定特定相談支援及び指定障害児相談支援の実施にあたっては、関係法令を遵守し次の事項に基づいて実施します。

  1. 利用者又は利用者の家族の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立って行います。
  2. 利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう配慮します。
  3. 利用者の心身の状況、その置かれている環境等に応じて、利用者等の選択に基づいて、適切な保健、医療、福祉、就労支援、教育等のサービスが、多様な事業者から総合的かつ効率的に提供されるよう配慮します。
  4. 利用者等に提供される福祉サービス等が特定の種類、事業所に不当に偏ることがないよう公正中立に行います。
  5. 事業所自らその提供する相談支援の評価を行い、常に改善を図ります。
開設年月日 平成25年4月1日


2.指定特定相談支援・指定障害児相談支援の内容

相談支援の提供方法及び内容は、次のとおりです。
  1. 利用者等から日常生活全般に関する相談に応じます。
  2. 利用者等に対して相談支援の提供方法等について理解しやすいように説明します。
  3. 地域のサービス事業者の情報を適正に利用者等に提供します。
  4. 利用者の居宅等を訪問し、面接によるアセスメントを実施します。
  5. サービス等利用計画案及び児童支援利用計画案を作成します。
  6. サービス担当者会議を開催し、サービス等計画案等及び児童支援利用計画案の内容について意見を聴取します。
  7. サービス等利用計画案及び児童支援利用計画案を利用者等及び障害福祉サービス事業者等に交付するとともに、市町村へ写しを提出します。
  8. モニタリングにあたっては、利用者の居宅等を訪問し、サービス等利用計画案及び児童支援利用計画案の実施状況の把握を行います。
  9. 必要に応じ、サービス等利用計画及び児童支援利用計画案の変更を行います。


3.事業実施地域

実施地域 青森市(通常の実施地域以外の利用者にも実施する場合もあります。)


4.開園日及び時間

指定特定相談支援・
指定障害児相談援提供時間
月曜日から土曜日 午前8時00分から午後5時00分まで
(日曜日、祝祭日及び12月29日から翌年1月3日の年末年始を除く)


5.施設の職員体制

職名 勤態 員数 資格
管理者 常勤・兼務 1名 社会福祉施設施設長
相談支援専門員 常勤・専従 1名 相談支援専門員資格
相談支援専門員 常勤・兼務 2名 相談支援専門員資格


6.相談・苦情等申立先及び虐待防止に関する相談窓口

(1)相談・苦情等申立先 受付窓口

苦情受付担当者
三津谷 賢吾(相談支援専門員)
TEL:017-738-5564
FAX:017-738-6411
第三者委員
白川 昌雄(元 青森市社会福祉協議会 常務理事)
TEL:017-782-2559
青森県運営適正化委員会 住 所:青森市中央3−20−30 県民福祉プラザ2F
TEL:017-731-3039

(2)虐待防止に関する相談窓口

受付担当者
三津谷 賢吾(相談支援専門員)
TEL:017-738-5564
FAX:017-738-6411


7.協力医療機関

医療機関の名称 高屋医院
医院長名 高屋 善章
所在地 青森市長島3-5-8
電話番号 017-776-2881
診療科 内科・小児科・胃腸科


ページトップへ戻る