児童発達支援センターやまぶき園、放課後等デイサービス太陽 、青森おおぞら学園を運営するやまぶき福祉会HPです

理事長あいさつ

 社会福祉法人やまぶき福祉会は、幼児期からの適切な指導訓練により、難聴幼児の「能力の開発及び難聴によって生ずる言語障害の除去を図り正常な発達を促進することが期待できると(法人設立趣意書)」されていて、「青森市にはこの様な措置を必要とする幼児が20人以上いると推定されている(同書)」にも関わらずそれを行う施設がないという現状認識から、自ら難聴幼児通園施設やまぶき園(昭和53年4月開設)を開設・運営するために昭和52年6月に設立されました。なお、法人設立にあたっては、社会福祉事業を行うことへの強い意志や土地等の寄附など内海水産を経営していた内海武・文子ご夫妻とそれに共感した設立時の役員の多大な貢献がありました。
 その後、社会的な要請や関係法令の改正などにともなう変遷を経て、現在は、「児童発達支援センターやまぶき園」、「相談支援事業」、「放課後等デイサービス太陽」、「児童心理治療施設(情緒障害児短期治療施設)青森おおぞら学園」を運営しています。
 当法人は、利用者が個人の尊厳を保持しつつ心身ともに健やかに生活していくことが出来るように、利用者ひとり一人の意向を尊重し、総合的に、多様な福祉サービスを提供する活動を行っていくこととしています。


ページトップへ戻る